読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休日らしくぽわーんとして考えがまとまらないのであった。なので、今日は普通の日記らしく書こうかな

今日書こうと思っていたお題は「本の読み方」について。
途中まで書いたんだけど「あれ、これけっこう普通のこと?」と思ってやめてしまった。

ここ最近は、一つのテーマについて思索を深めるという書き方をしてたんだけど、今日はなんだかぽわーんとしてしまってまとまらない。というわけで、今日は日記らしく思ったことなどを書き連ねていこうと思います。

来週はいろいろ忙しくなりそう。
まず、単行本の挿絵マンガとイラストの手直しと、まだ手をつけていないところをやる。
頼まれたイラスト一点。
5/30までに見本のマンガを描くこと。

あと、手が空いたら描きたいマンガの構想がいくつか。

それから、今日は本を色々読んだな。
齋藤孝さんの本を久しぶりに読んだ。
数年前に齋藤さんの本にはまってよく読んでました。
齋藤さんの訓練マニアなところがおもしろいなと思います。
私は放っておくとすぐに「全ては妄想である」みたいな根本的なことを考え出してしまうので、「まずは、いまのこの社会の在り方の中で、自分の能力や可能性を拡げて生きる」という齋藤さんの本を読むと、地に足をつけてくれるような気がします。

岡田斗司夫さんの「いい人戦略」と、齋藤孝さんの「上機嫌をワザにせよ」は共通してる。芯から良い人間になれとか「いい人とは何ぞや」とか難しいことに入り込まなくていい。「上機嫌でイイ人でいれば、トクなんだ。それでいいじゃないか」ということなんだな。

岡田さんも齋藤さんも、「ナチュラルいい人」というよりは、後天的な「いい人」なので、いい人になれない人の気持ちもちゃんと汲んである「いい人メソッド」だと思います。

あと、石川三千花さんの本も久々に読んだ。
クレアで連載していた映画のイラストコラムのラブシーンを集めたもの。
もちろん、ジュリエット・ビノシュメリル・ストリープの悪口も書いてありますよ。
石川三千花さんと中野翠さんってなんであんなにジュリエット・ビノシュ嫌いなんだろうな(^-^;)