読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェイン・オースティン『エマ』 バルーシュ型ランドー馬車!

ジェイン・オースティン『エマ』めっちゃ面白かったー。『細雪』が気に入った人なら面白く読めるんじゃないかな。女中さんとか使用人がいる時代の上流階級ホームドラマで、エマの方がよりコメディ少女マンガっぽい。

主人公のエマは大きなお屋敷で、人は良いけどちょっとボケの入ったお父さんと二人暮らし。今までは家庭教師のミス・テイラーという気も合う話も合う女性が一緒だったんだけど、彼女はミスター・ウェストンと結婚して離れて暮らすことになっちゃったから「あー、これからどうしよう!さみしいなあ」という状態。ちなみにエマはミス・テイラーとミスター・ウェストンを縁結びしたのは自分だと自任している。

そんなとき、ハリエット・スミスという可愛くて素直な少女と出会う。エマは彼女を妹分的にかわいがり「今度は彼女に素敵な縁結びをしてあげよう!」と張り切る。ハンサムで人当たりの良いミスター・エルトンをハリエットに引き合わせようとするんだけど、昔から家族ぐるみで仲良くしていたミスター・ナイトリーに「君はミス・スミスを不幸にする」なんて言われてしまう…という感じで話は進んでいきます。

タイトルの「バルーシュ型ランドー馬車」は、下巻になって登場するエルトン夫人の自慢話にしょっちゅう登場するもの。今だったら「うちの車で」でいいところを、いちいち「うちのベンツのEクラスで」と言うようなものなのかな。こういう世界よくわからんけど。あとはエルトン夫人が夫を気取った変な呼び方で言うのもじわじわきた。上巻も面白いんだけど、下巻になってこのエルトン夫人や、エマがライバル視しているジェイン・フェアファックスたちが出てきてからまた一段と面白さがアップする気がします。(上巻から出てきていたミス・ベイツのおしゃべりも下巻になってパワーアップする気が)

主人公のエマは実は鼻持ちならない困った人で、冒頭では「美しく裕福で聡明」だと紹介されるものの、物語が進むにしたがってどんどんメッキがはがれていく。(なまじ頭の回転が速いから、一つの勘違いから電光石火のごとく思い込みが広がってしまうのも面白い)だけど、基本的に「善き人間でありたい」という意識があるし、失敗して人を傷つけるたびに「頭を丸太で殴られたように」ショックを受けて反省するから憎めません。

それから基本的に登場人物がみんないい人なのもいいなあ。悪人って言ったらせいぜいエルトン夫妻くらいなもので、それも小悪人という言葉がぴったりくるくらい。(とはいえ、階級意識がかっちりあるのは、今の時代からするとどうかとは思うんだけどね)