読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「自分のことを哀れむな。それは卑怯者のすることだ」

ちょっと前に『ノルウェイの森』の感想を書いたわけだけど、その後また時間が経って、いま私の中で「ノルウェイの森といえばこれ」となっているのがこの言葉だ。

「自分のことを哀れむな。それは卑怯者のすることだ」

私の頭の中に残っているフレーズがこれなので、本書の字面とは違っているかもしれない。ただ、検索してちゃんとした抜粋を探すのは無粋な気がしたので、「私の中に残っている(そして編集されている)言葉」をそのまま書くことにした。