読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『フィリピンの小さな産院から』

 

フィリピンの小さな産院から

フィリピンの小さな産院から

 

夫の仕事(植林NPO)についてフィリピンにやってきた日本人助産師の冨田江里子さんが、現地の産科事情の酷さに、見るに見かねて無料のクリニックを開いた。その活動が記された本。フィリピンの酷い医療事情については、以前にフィリピンで語学留学をしている方のブログである程度読んでいたものの、それでもお金を持っている日本人についてはかなりマシな方で、現地の貧困層の人々にとっては信じられないほど過酷で、医療があってないようなもの。まず、国民皆保険なんてないから医療費が高額。先にお金が用意できなければ、どんなに緊急を要する症状でも診てもらえない。本文の描写を見ると、医師、看護師が貧困層の人々を見下しているようで、いざ医療を受ける段階になっても扱いが酷い。弱っている人にそんなひどい扱いをして良心が痛まないのか不思議になるくらい。

 

ご承知の通り助産師は帝王切開を始めとした医療活動ができないんだけど、医療事情がとことん劣悪、そして貧困層の人々も病院に行きたがらないので、冨田さんは助産技術と最低限の医薬品(本には詳しく書かれていないものの、子宮収縮剤や点滴程度はあるらしい)でなんとかこなしていかなくてはいけない。お金をかけられないので必要に迫られて漢方やハーブなどの民間療法も取り入れている。

 

最近、産婦人科医の宋美玄先生の本をずっと読んでいたので「やっぱり出産は設備が整ってどんな状況にも対応できる病院が安心!」と思っていたんだけど、こちらの本を読むと「いやー、お産は自然の営みなんだなあ」と思ってしまう(単純)。でも、日本の助産院のように、助産師さんが妊婦さんを妊娠初期・中期の頃からケアして…という、日本でイメージするスローでナチュラルな出産という感じでは全く無い!
 
まず、多くの妊婦さんが出産直前とか、何か重い症状に我慢ができなくて、みたいなとんでもない状態でやってくる。日本でも「産婦人科の定期検診を全く受けずに、産経づいた状態で突然救急病院に運ばれてくる」という人がいると聞いたことがある。日本の医療設備の整った総合病院でさえも、そういう「どんな状態なのか全くわからないまま運ばれてくる妊婦さんなんかとてもじゃないけど対応できない」らしいのに、設備もなく医師でもない冨田さんはここフィリピンで日常的にそういう妊婦さんに対応している。ストレスで死んじゃいそうだ…。
 
で、そこまでやって現地でさぞ感謝されているとおもいきや、こちらもかなりヤバイ。まず、地元の産婆さんからは商売敵に思われてるし、何回か出産介助したり病気の対応をして「信頼関係ができてきたかなあ」と思ってた人がお金欲しさにデマ「このクリニックでこんな酷い目にあった」とかを流し始めたりして裏切られることも度々ある。具合が悪い人に生活習慣の指導をしてもほとんど守ってくれない。粉ミルクの危険性や母乳の大切さを切々と訴えてもまったく聞く耳を持ってくれないとか。日本の場合どちらかというと母乳信仰が強いけど、フィリピンは大手食品メーカーの宣伝などもあって粉ミルク信仰が強いんだって。ちなみに、粉ミルクがなぜダメかというと、これは現地事情によるもので、まずは粉ミルクに必要な清潔な水を確保するのが難しくい。そして哺乳瓶の消毒なども適当に済ませしまったり、粉ミルクは高価なので、一度作った粉ミルクが残ったら「もったいないから」と室温でずっととっておいて赤ちゃんに飲ませ続けたり衛生管理も酷いので、粉ミルクから健康を崩すケースが後を絶たないのだとか。それだったら、母乳が一番安全ということらしいです。
 
逆に「この人には何言ってもムダ」だと思っていた、性懲りもなく同じ失敗を繰り返していた人が、あるときからちゃんと冨田さんのアドバイスを実践するようになった、ということもあったそうです。
 
冨田さんのすごいところ(って、上記までのことだけでも十分すごいんだけど)は、やっぱり現地の人たちの考え方や事情を尊重すること。日本の助産技術では「いまどきこんなことしないよ!」というようなことでも、それが現地の人たちの間で浸透していることだったりすると(例えば、生まれたての赤ちゃんの沐浴)、それが害でなければ現地の人達が納得いくようにそちらに合わせる。日本の常識を押し付けない。この辺りの見極めって難しそうだよなあ。現地の人の事情や常識を優先すると言っても、それが目をつむっても大丈夫なものなのか、それとも害にしかならないものなのかもきっちり判断しなければいけないしね。
 
さっき、フィリピンの医療事情で「医師や看護師は貧しい人たちになんぜあそこまで冷酷になれるんだろう」的なことを書いたけど、フィリピンでは社会階層が強固でほとんど階層間の移動がないため、お互いがお互いのことを全くわからない、というのがあるそう。そして、エリート、富裕層貧困層について「あの人達ってなんであんなにバカなの!貧しいくせに子どもボコボコ作って」という認識らしい。ただ、私も読んでいて「このバカ親!なんで子どもの世話もロクにしないしネグレクトするくせに子ども作るの!」と浅はかにも思ってしまいました。日本はまだフィリピンほど露骨ではないけれど、こういう意識は確実に存在するな…と思いました。