読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『韓国の路地を旅する』

 

韓国の路地を旅する

韓国の路地を旅する

 

 被差別部落出身の上原善広さんが、韓国の被差別部落の足跡を追い旅する本です。

韓国の被差別民の人たちを白丁というそうです。日本の被差別部落民と同様に、屠畜、そしてカゴ作りを生業としてきたそうです。そのほかに芸能を仕事にしてきた才人、広大という人たちもいたそうですが、本書では白丁を調べています。

現代韓国で、白丁はあるんだかないんだか微妙な感じです。一般の韓国の人に白丁について聞いたときに返ってくる典型的な答えは「昔はあったようだけど現在はもうない」というのもです。ただ、これは日本人でも同じような感じになるかもしれない。例えば日本の被差別部落差別は、私のように関東に住んでいると全く実感がわかないというところがあります。米ドラマ「ドクターハウス」で主役のハウスがいきなり「日本には部落というのがあってそこに住む人たちは差別されてて…」と話し出したシーンを見たときにはかなり違和感がありました。

上原さんが韓国で白丁のことを聞いて回った先の人たちもそれと似たような感覚だったのかもしれません「いやいや、そんなのもうないから」みたいな。でも差別はもうないという人に「じゃああなたの子どもが生肉業の家の人と結婚したいとしたら賛成しますか?」と聞いたら「それは絶対嫌だ」という人が多いそうで、まあ生肉業イコール白丁という認識は薄いとしても生肉業自体が蔑視される職業で、でもそもそも生肉業が蔑視されているのは白丁の職業だったからという根っこがあるのでは…という感じ。

それにしても、差別の問題って明らかな悪行(ヘイトスピーチ)は問題外として、でも「差別意識」ということで突っ込んでいくと自分でも見ないふりをしていたものとか何気ない価値観に入り込んでいたりとか根が深いというか、迷宮に迷い込んでしまったような気持ちになってきます。こちらの本でも、韓国語のちょっとした悪態語に白丁を貶すところから出てきた言葉がたくさんあることが作家のチョン・ドンスさんが指摘するところがあって、それを聞いた通訳の韓国人女性が「知らずに使ってました。恥ずかしいです」と恥じる場面がありました。

日本と韓国の被差別部落民の違いは、韓国は朝鮮戦争や急激な高度成長などで国が混乱していたので、そのときに多くの人が散り散りになってしまい、誰が白丁かわからなくなったこと、それから「なんで日本の被差別部落の人はそこに住んでるの?引っ越してしまえばいいのに」という現実志向の人が多いので、差別しようにも誰だかわからない状態になっている人が一つと、もう一つは「悪いことは徹底的に隠したい」国民性があるらしいこと。だから白丁について知っている人と出会えたとしても全く答えてくれない(とはいえ、上原さんも書いていたけど、人によってはあっけらかんと答えてくれたりするので、その辺りはいまいちつかみづらいらしいw)

日本では、例えば韓国の人の「なんで差別されるところに住み続けるの?引っ越せばいいのに」ということに対して「そもそも差別するほうが悪いのに、なんで彼らに合わせてこっちが引っ越さなければいけないのか」という考えが強くあるそうです。人権意識ということでは運動の成果で大きくなったけど、今知られているようにその運動はお金の問題や言葉狩りなど、いろいろな弊害も生んでしまっています。

こんな事情で韓国は日本よりも被差別部落は薄れ、日本にはいまだ残っているのですが、上原さんはそこに天皇制の有無も関係しているのではと考察されています。日本の部落解放の父、松本治一郎の言葉に「貴あれば賎あり」があるそう。私自身もどこかでこの天皇制のような特別な身分があるからこそ逆もあるみたいなことを聞いたことがあり、言葉の上ではなるほどなと思うのですが、具体的にどこがどうなってというのはよくわからないので、もう少しつっこんだ理論が聞けたらなあと思います。

このように、韓国では外的な事情(戦争や混乱)で被差別部落問題は薄れ、世代も変わっていくにつれ「過去の話、もう昔のこと」とほぼ問題にされなくなっていますが、過去には「こんなことではいけない」と立ち上がった人や「俺は白丁だ、同じ人間だ」と自ら名乗り出た人がいました。こちらの本では、彼らのしてきたことや、既に故人の彼らの遺族を訪ねてのインタビューも多く読むことができます。韓国では被差別部落問題が既になくなったこと、あまり触れたくない過去扱いされているぶん、彼らの勇気ある行動がほとんど評価されていないのが、すごく残念だなと思いました。

 

*こちらに出てくる慶尚北道のイエチョンにあるペクス食堂はユッケがめちゃくちゃおいしいらしいので、韓国に行ったらぜひ行ってみたいです。

↓検索したらあった!

comm.konest.com

*白丁といえば、私の政権批判マンガへのコメントに「お前は日本人じゃないだろ韓国からきた白丁か!」という罵倒がついたことがありました。それからこちらの記事で「貴あれば賎あり」の「賎」が変換で出てこなかったのでgoogleで「せんみん」→「賎民」と検索して文字をコピペしようとしたら、予測変換に「賎民 韓国」「賎民 苗字」賎民 の子孫とされる姓」が出てきて、こういう罵倒をよこすような人たちの闇をみたような気がしました。